ハーレーの基礎メカニズム

ハーレーの基本構造

構造

ハーレーはアメリカ生まれのクルーザーバイクとして有名ですが、だからと言って日本のバイクと全く異なる構造をしているわけではありません。動く仕組みの基本は同じです。まず、エンジンの中でガソリンを爆発させて、ピストンを動かします。ピストンは爆発のパワーで上下するエンジンの主要部品です。次にエンジンの爆発で動いたピストンの力を使って、クランクというタイヤを回す動力の源になる部品を動かします。

これがクランクからベルトやチェーンの駆動系に伝わってタイヤが動き出します。その他にも様々なパーツによって安全に動くことができますが、走るための基本構造はこれだけです。ハーレーのエンジンはV型2気筒を採用していて、1気筒につき1シリンダーが入っているので2シリンダーの力で動かされています。V型2気筒の特徴は、独特のパルス感やトラクションを感じられるところです。

ハーレー独特の振動を感じる喜びを与えてくれるのも、このエンジンのおかげです。エンジンの冷却システムはV-ROD以外は全て空冷エンジンを使っていて、V-RODだけは自動車の冷却装置としても使われている水冷エンジンが使われています。ハーレーはバイクメーカーの中でも空冷エンジンにこだわっている傾向があります。

構造

ハーレーの基本サイズ

サイズ

ハーレーの基本の5ファミリーの中で、一番小さいのはスポーツスターファミリーです。一番重いのはツーリング用に作られているツーリングスターで、シートもがっしりした作りになっています。

スポーツスターは小柄な日本人でも乗りやすいサイズで、本場のアメリカよりも日本で人気があります。小さいといっても大型バイクなので決して簡単に扱えるわけではありませんが、女性や初心者でも比較的乗りやすい車種です。

大きなサイズのハーレーだと乗れないと諦めてしまうかもしれませんが、シートを薄くしたり、ハンドルの位置を下げることで乗りやすく改造すれば、乗れる可能性はあります。足つきが良くなれば決して乗れないわけではないので、諦める必要はありません。ディーラーで買うのであれば、そこで相談して最初の時点で乗りやすいハーレーにカスタムしてもらってもいいでしょう。あとで自分で改造するよりも安く済む可能性もあります。

スポーツスターよりも大きく、ツーリングスターよりも小さいのはダイナやソフテイルです。この2モデルも人気があります。V-RODというモデルもありますが、これは空冷エンジンではなく水冷エンジンで、スポーティな走りをしたい人に適しています。

構造